あれ、どうやったっけ

(たぶん)テキストサイト風blog。文が安定するまで書き直しあるからメンゴ。

たぶん「かかりつけ薬剤師の24時間営業」って「なんとなく」で乗せたんだと思いますがムチャすね

僕のガイキチ色脳がイケナイ匂いを感知した……!

www.yutorism.jp

「24時間対応とかマジ殺人級」系の問題点はあらかた指摘されているっぽいので、落穂拾いを少々したいなう、なのです。

トレース・オン!

解説!かかりつけ薬剤師|日本調剤

恐らくですが、特定の薬剤師に処方を全部トラッキングさせて重複投与あったらハネる形にしたら医療費浮くよね? がオカミの中にいる誰かの当初の発想だったのだと思います。

その次にタテマエとして特定の1名があなたのコンサルになりますって形にしましょうと言った誰かがいたんでしょう。

フィニッシュとしてタテマエをガチと信じたどこぞのド阿呆が健康管理だったら夜間対応とかも必要ですよね? とか言い出してゴネた結果24時間対応とか付け加えられたんでしょう。

仮定としてはですけどね。

マジメに調べたらまた違う事情があるのかもしれませんが……議事録がまた改竄されてたらわかりませんね。ちゃんとコールドストレージ用意しろよ安倍ちゃん。

なんでそんなの想像したの? って言ったらIT業界あるあるだからですよ。本音 → キレーなタテマエ → タテマエがキレーなもんでもっと自由に発想がフライハイ!

ああ終わってるコース。

自由に発想を膨らませて「こんなのいいよね! あんなのもいいよね! 他のもあるな、もっともっと!」って言ってる人の輝かしい笑顔。美しいですよね?

「じゃあ、やって?」

僕はそんな人たちのために働いて二度物故。あの文面を見る限りそういう腐臭の類を感じました。つまり「実現できるの?」ってのをスルーした奴の匂い。

薬剤師の方面は知らんのでテキトーぶっこいて申し訳ないですが

LENOVO」って書いてあるパーソナルコンピュータとか電カルみたく「調剤歴」を記録する何かがあるんじゃないですかね?

ITが得手とする問題を属人化したように思えますので……IT側の人間としてもその制度あたまおかしいぜとは言わざるを得ないかな、と。重複投与防止による医療費削減が目的なら「薬局」単位で十分だと思います。もちろん営業時間内で。

まぁ僕は自立支援医療制度の適応になっておりますから精神系の治療薬に関しては重複投与の心配が全くないんですけどね。

重複投与があったのは……慢性前立腺炎やった時だけです。どこに行っても痛みが取れないんで辛いんですよ orz

僕の場合、ダイコクドラッグに置いてたクラシエの竜胆瀉肝湯が効いたうえ、バラコンバンド体操とストレッチと股割りをキッチリやったら痛みが消滅しちゃいましたとか。意味わからねぇわ。

で、僕が指摘したかった落穂ひろいはコイツ

かかりつけ薬剤師って、他にも負担があると思うんです。

たとえば普通の薬局にベルソムラとか置いてますか?

もちろん場所にもよるとは思いますけど……例えば耳鼻科の近くにある薬局だったら

みたいなこともあろうかと思うです。

結局のところどの病院「附属」かで薬の在庫も違うと思います。ですが、その点を踏まえた制度には見えません。薬局だってありとあらゆる薬置いているわけないじゃないですかあ、とは思うんですが……合ってますかね? その辺すげぇ疑問。たとえばインチュニブとかコンサータは比較的精神科ガラミの薬局でないと存在しない可能性が満開

濫用が懸念される薬剤、例えばリタさんでハイになりたいド畜生みたいなのは……濫用される恐れがある薬物としてマイナンバー提出義務化 + 全国一律で見れるようにするとかにしたほうがいいようにも思います。

気分が良くなる系じゃないなら……お薬手帳で十分なんじゃないでしょうか。僕は精神系のクスリ飲んでた時期がありまして当たり所が多いのは承知してますから薬剤師の先生にチェックしてもらってます。手帳ナシのチェックナシの人も結構おるが故に「薬剤師にチェックさせようぜ」案が出たんかもしれんですが……薬価として大したことあるかどうか・濫用の危険性あたりで、重複已む無し or 重複されると困るの判断をオカミがしたほうがいいのかも知れんです。そこにマイナンバーあるじゃろ?

どの道うっかり1錠多く飲んだら逝く薬なんて現代ではあんまりナイ気もします。ラボナとかああいう奴は別でしょうが、医師のほうがそもそもヤバイ時でなかったら出さないって奴ですし。

すみません、インチュニブってさっき知ったんですが

「ニブ」とか「マブ」とかの末尾を見ると遺伝子組み換えの何かと言うか分子標的薬系というかを連想させられるんですが……インチュニブだと何かの阻害剤ですかね? マブが確か抗体の代用品で、ニブが相手の阻害剤だったと記憶しておりますが(間違ってたらすんません)。

うーん、インチュニブってなんかの細胞片を培養して絞り上げた何かなのかなぁ。遺伝子的な意味で肉体改造された的な意味で。

ゲフィチニブ(イレッサ)とかエルロチニブ(タルセバ)とか、ああいうのを連想させられる名前ですね、インチュニブって。

で、ググったら http://database.japic.or.jp/pdf/newPINS/00066854.pdf とあり「グアンファシン」だそうです。まあなんかよー知りませんが、分子標的薬を連想させられる名称とはウラハラに特にそうでもないっぽいです。薬価も400~500円/個っぽいですし。

あとこれ当たり所多いッスね……「クラリスロマイシン」「エリスロマイシン」(抗生剤)が注意かも。リトナビルはたぶん関係ない? ダルナビルは今知った…… KEGG DGROUP: CYP3A4阻害薬

うん僕の趣味の一つはおくすり110番に記載の薬を暇つぶしに上から下まで全部読んだうえ、ヤバそうな薬は添付文書まで読むとかやねん……。

余談:デパス

何でか知らないんですがメンヘラの間ではデパスの依存性キツいよって話をチラホラ聞くのです。

セルシンとかリーゼとかだったら別に状況が良くなればスパっと抜けるわけですが、どうもそういう感じにならないようで……僕はそういうのが必要な状況下になってもセルシンでお願いしてます。まあここ数年そんな状況ないですが。