あれ、どうやったっけ

(たぶん)テキストサイト風blog。文が安定するまで書き直しあるからメンゴ。

卑弥呼は本当に「ヒミコ」だったのだろうか「仮説」

警告:クソ文章です

風呂ん中で「卑弥呼の墓みつかんねーなー」と「孫子って複数人いたよね」と「タクチーキ」が合体したらこんなことになりますというもので、論拠はないです変な答えになるので楽しい!

真面目に読むんじゃないよ!

待たせたな! 誰が待ってるか知らないけれど。

魏志倭人伝卑弥呼の件なんですけど、アレ本当に「ヒミコ」なんですかね? 

あるいは……ヒミコって本当に個人ですか? という疑問がパッと浮かんだので書きます。

今回の件に関しては根拠もクソも全くない極北的仮説風何か

ここまで墓が見つからんとなると役職名とかも疑ってみてはいいんと違う? なんて思ったんですよ。あるいはシナ人が名前聞き間違えている可能性とか無いんですかね?

聞き間違いの件では、例えば「tactiek(タクティッ + 「ク」と「キ」の間の音)」を高野長英が「三兵答古知幾(さんぺいタクチーキ)」と訳したような聞き間違いの可能性ってないんでしょうか。

役職名ってなると例えば役職名としてのヒメコとかヒメミコとかそんなんがあったとか、可能性はあるんでしょうか。エロゲーと被って嫌なんですがヒメミコと呼ばす役職が畿内とかにあったりしたんじゃないかなあ?

という根拠もクソもナイ仮説以下の仮説ですね。

なぜ畿内って仮定できるかというと「ヒメ(上流階級かつ未婚)」も「ミコ(一応神職)」もやまとことばとしてあるからで。

日本人の発音としての「ヒメコ」だの「ヒメミコ」だのの音に合う漢字をシナ人がを当てて卑弥呼としたとして、そのときにタクティックをタクチーキにしたような聞き間違いが生じたとします。高野長英がそうしたように。そうすると……誰かわかんなくならね? などとは。

日本語と中国語・韓国語の音韻の近似性があんまりないので

この仮説以下のウンコの何かをひらめいた理由の一つは、日本人が中国大陸・韓国半島由来ならたぶんもちっと日本語は破裂音であふれてるはずだってところがあります。

卑弥呼は実は一番エライ人じゃなかったのかも仮説

僕が当たりなら絶対にヒミコの古墳なんてないぞとだけ言えます。

当たりならたぶん彼女はただの官僚か祭事を行う人だったりしてな? シナから来たエラソーな外交官に対し(おそらく「みかど」は)格下の人間を充てたんだろうなって感じになりますから。

ただWikipedia見る限り魏志倭人伝ではこうなってるそうですから

元々は男子を王として70 - 80年を経たが、倭国全体で長期間にわたる騒乱が起こった(いわゆる「倭国大乱」と考えられている)。そこで、卑弥呼と言う一人の少女を女王に共立することによってようやく混乱を鎮めた。

可能性としては滅茶苦茶低いかな? とは思いますが……変な話ですが魏志倭人伝の内容が正確かどうかに疑いをかけているという所なのです。

当時は外交的な意味でのプロトコールなんて整備されてない時代ですからこいつらDQNだなって一番偉い人が判断したら格下当てるだろという予想。

……なんてネタは小説で使いたいね

うーん、昨日電車の中で「スマホ使ってGoogleスプレッドでハコ書きできるな」って気づいたせいでしょうかねえ。

そんなことより僕は巫女さんに童貞捧げたいですね。ツボにハマる方だったら一晩頑張ります。やったことないですけどね。

なんで妙に短いのさ

風呂でボケーってたらアッー! という何かが来たので。僕たまによくこういうことをやらかすタイプでして……。

論拠の裏付け全くないので「仮にそういうことだとしたら面白くね?」程度。

重ねて申し上げますが、論拠は全くないことを認めます。

もしヒミコという呼称が役職名だとしたら? という疑義出し。

僕はこういうのを見つけたときに楽しくなるタイプなので

卑弥呼ってシナ人の聞き間違いじゃね? 例えばタクティックがタクチーキに化けたような?

あるいは

実はヒミコって人名じゃないのかもしれんけど、どうなん?

とか、そういうのがパッと頭に出てきたときだけすげぇ楽しいタイプです。あくまで「仮説」として、何卒御高配の程を宜しくお願い致します。

あーでも、こんなの思いついた時だけ生きてる気がする。僕はまだ生きられるんでしょうかねえ。南無三です。

一応言っておくが

本当にもしそうだとしたら面白いよね! ってレベルだからな。根拠はない。

要は変なことを閃いたら楽しい程度の話なのですよ。他にも卑弥呼に関する記述ってどっかにあったかなぁとか寝て起きてから考え直してる状態ですし。