あれ、どうやったっけ

(たぶん)テキストサイト風blog。文が安定するまで書き直しあるからメンゴ。

社会資源の探し方

いやまあ「探し方」を言うほうが有意義ですからな

そろそろ更新は控えて自分のやることに振っていかんとなあ、程度の話なので……。

大体現時点で把握している限り、トラブッて救援が必要な人には見つかるようにはしたつもりですけど、あとはGoogleかYahoo次第ですね。

有事の社会資源とかはザックリ書いてますが……その辺の情報はこの辺に行かないと、無いです。

  • ハロワ
  • 役所
  • 福祉事務所

そこにはパンフレットがあるんです。使えるものがいくつかあるかと思いますよ。

あとは「役所のホームページ掘り」と、福祉課とかそういう類のところに「自分の市にある福祉団体のリストくれ」と言うとか。たぶんくれます。そのうちこれかなぁと思う所に電話する感じ。

どうしようもない時はNPOか弁護士さんか探して生活保護も考えておくとベネ。

2018/1/25 update

妙にヒット率高いので、もう少し詳しく書いておきます。

  • 役所(自治体):健保・住民/所得税国民年金絡みの減免制度があります。

窓口が全部違うんですが、役所の看板見れば「住民課」とか「健康保険」とか「年金」の看板ついてるのでその窓口へ。

例えばあなたが無職になったなら、健保減免・年金減免申請が出せます。状況次第では住民税の減免制度も使えるかも。あとは健康保険なら入院したときの支払い肩代わり制度とか(うちの父母がガンで入院したときに申請やりました。先進医療とかでないなら入院費用を相当額自治体が負担してくれます)。

対応は自治体によりますので事前に役所のパンフレットで確認したほうがいいです。僕の住んでる自治体は親切というか市長が役所に市民へのサービスはきちんとやれという指導をしているので、制度利用の可否判断とかパパっとチェックしてくださった上、事務手続きの説明の後に書類くれるんですが、不親切な自治体の場合は書類が出てこないらしいのでホームページ掘りとかパンフ掘り必須。

所得税に関しては「火事」とか「災害」とか「泥棒が入ったとき」程度ですが……有事にはどうぞ、程度。

自動車税絡みとかもありますが……そうですね、主に身体障害 or 重度の精神障害で本人がクルマ乗れない級の場合しか無いのが通例ですかね? 多分こっちは普通そうなれば自然とわかるはずです。

  • ハロワ:失業保険および、失業保険が出ない場合の支援訓練給付金とか。

基本的にはこの2つ。あとはブラック企業とモメたあと離職票絡み、例えば離職票が出ない場合とか、退職理由の書き換えを狙うあたり。

  • 福祉事務所 or 役所の福祉課:上記に類しない支援各種。

何らかの傷病・疾病が有る場合がメインの話になります。一応経済的に詰んでる系の場合もこちらに該当します。

最低でも「その自治体につながりが有る民間の福祉団体のリスト一覧」を自治体の福祉課は持ってますので、リストだけもらって民間 or 自治体つながりの福祉団体に回るのも手。

最悪ナマポが必要な状況下ならリストに書いてある福祉団体に支援を依頼してください。多分同伴での申請とかしてくれますし、すんなり突破できるはずですが……適切な団体が無い場合自力でNPO探すか、自力での立ち回りになります。大丈夫慣れればああいう手続きは簡単。録音アプリかICレコーダーが必要らしいですけどね。

  • 法務局:最終兵器の自己破産とかそのあたりだと福祉事務所 → 法務局コンボの可能性があります。

僕はあまり行きませんが(過去に登記絡みで何度か行った程度)。

このくらいでいいですかね? 日本だとセーフティーネットの発動をさせるのにもそれなりの手間がかかるというのはそのへんで、自力で調べ回る必要があるのです。