あれ、どうやったっけ

(たぶん)テキストサイト風blog。文が安定するまで書き直しあるからメンゴ。

Predictable Network Interface Namesめんどい

どこぞイジったらeth0とかに戻せるのは知ってるけど

マシン構成が違うんだけど同一のスクリプト流したい(例: my.cnfにipバインドする系とか、/etc/network/interfaces.d/ 以下に仮想マシン用ブリッジの設定か何かねじ込みたい)ってときに面倒なんですよね。

例えば1台がApollo Lakeと、えーとなんだっけチップセット忘れたけどHaswellのマシン、みたいな時。確実に名前が違うので。

Jinja2 + Ansibleで頑張ると禿げる(僕の一発目のBlog記事はそれでした)。うん、シェルスクリプトでも微妙に禿げそう。

なおPNINでいろいろ頑張ってどうしようもない時MACアドレスが名前になります……en0294AA(略)みたいな新しい嫌がらせとでもいうか……もう少しラズパイ的な意味でなんとかならなかったのだろうか?

えー、udevのrule書かなあかんの?

udevの設定ファイル書くのめんどくさかったと思うんですけど……そうするしかないのか orz

mrwk update: systemd-udevdによるNIC命名とbiosdevnameがまざって混乱する件

とりあえずudevのルール優先、無かったらPNINくらいでメモっておく。

マリアたんで「んなぁーっ」てなってる

Debian9に移行せなあかんなっつって、まあサブ機に入れてゴネゴネしてたらMySQLじゃなくてMariaたん入りますね。どうも設定ファイル的な意味で、以前書いてあったスクリプト通らねえわ。今の僕はナナチ状態です。

……直すのめんどいなあって今現実逃避してるんだよ、リアルで。

USBスティックのアレのデバイス名を固定する方法調べておきたい

【見つけたらこの辺に書いておくとOKだよ】 ← 気が向いたら調べておく

ローカルのサーバにUSBのメモリ差しといてリポジトリバックアップしてるんスよ。デバイスの名前固定できると便利かなー程度です……なくてもいいけど。