あれ、どうやったっけ

(たぶん)テキストサイト風blog。文が安定するまで書き直しあるからメンゴ。

もしボクが「ビットコインをハックしろ、手段不問」という指示を受けたら

机上の空論ですよ? あと「ビットコインのお友達」も含みます。

思考実験ですね。「勝てるかどうかはランナー次第」とかじゃなくて、やるわけないでそ。

あと仮想通貨は童貞だから間違ってたらすまん。

本当に何でもありなら

ぶっちゃけ「マシンの台数が上回ってしまったら勝てる可能性がある」という感じなのかなぁ、と本屋でそれっぽい本立ち読みしてて思ったんですよ。

PoW的な意味でいうと、複数名が「誰がハッシュ当てたの」とか「どいつにコイン引き渡したの」の帳面を持ってて、誰かが見つけたでと手ぇ挙げたらみんなで照合かける。記録的におかしい奴はハネる。正しそうな奴は自分らの記録に追記。という概要だったような。あとは履歴の長さと、同一の履歴をどれだけのマシンが有しているか。

ですんで逆に言うとそれっぽい履歴のを沢山持ってるマシンが別個から大量に沸いてきたら、多数決で勝てるようにも見えるなぁとは。当然、どういうアルゴリズムか次第ではありますけどね。

個人レベルだと「ウイルス撒いてDockerとかそういうの仕込んでオレオレマイナーを用意」ってことになりますし、「レインボークラックテーブル」のノリでアタリのハッシュ値分かってないとダメ(既存のは知れてるにせよ)な上、レインボーなテーブルを通信やってる間に パソコン ウイルスバスターとかノートン先生の会社にバレるわなとか……うーん、なかなかハードルが高すぎて憤死。

考えるのをやめた。

結論: めんどくさすぎるので無理。メジャー級は。

いや、小規模相手なら勝ち目があるかも

スタートアップとか「地域通貨」レベルだと乗っ取り40萬攻撃(年バレるな)あるかも……というリスクだけは頭に置いておきたいですね。シナのマイナーたちがメジャーなコイン掘り尽くしてどうしようもなくなった時に「地元コイン乗っ取り40萬攻撃」思いつくかもしれないじゃないですか。

「ジェフティには欠けているものがある。スペックを最大限に引き出すためのソフトウェアだ」(Anubisネタ引っ張りすぎ)。

もとい、台数kskする必要があるならDocker多連装とかKVMで台数稼げるしの意。ただし正しいハッシュ値と「それっぽい長々した帳面の履歴」を全部に撒く必要がある、そこだけ面倒ですかね。既に掘られてる分は引けると思います。追加分は分からんけどさ。

仮想通貨の技術は世に知れるようになってきておるわけで、町おこしとか市の活性化として仮想通貨を導入する自治体があるやも知らんですわ。紙を刷るコストがないので。

で、シナ人が手持ちに転がってる沢山のマシンでどこぞの地域の仮想通貨を 爆撃 ハックできないか? と考えちゃっても仕様がないかも。

帳面チェックのアルゴリズム次第とは思うのですが「ある日突然自分の地元通貨の残高がゼロ」かつ「お店にやってきたシナ人がなんか1億円持ってる」みたいな たーのしー! って状況は起き得るかもね。すごーい! 仮想通貨をたくさんもってるちゅうごくのフレンズなんだね! それあかんやつや。

緊急時用の「極端な残高変動があったらシステム一時停止」とでもいうか、とにかく何らかの停止機構とかロールバック機構ないと仮想通貨詐欺に遭うかも。

もちろんボクは仮想通貨童貞なので、間違った事書いてたらごめんね。

リグの準備はしてるんですが、鯖リプレース後に余ったマザーを充てる予定 + まだ鯖リプレースしてない = 全然リグってないVGAが二枚余ってます orz いまだに「響け! イーサリアム」できてません。はい。

特定の語に関する補足

僕は中華人民共和国に恭順の意を全く示さないクソッタレなので「中国人」と呼ぶことは差し控えて「シナ人」と呼称させて戴きたくお願い申し上げます。

中国人あるいは「中華人民共和国」は「世界の中心にあられる最も高貴な国民の皆様」(=日本国は中華人民共和国より下の存在です)を暗に意味します。

国際社会を鑑みるにChina(古代の「秦」国地域)の和訳たるシナが正しいかと思うんですが、「シナ人」からしたら「東夷の弟ごときが我々を地域名で呼称するのは不敬、兄とか中央にいる高貴な存在と呼ぶべきアルヨ」とのことです。

あと、国家間のやり取りでは「中華人民共和国」の語を使うことに日本国は合意していますから、政治論をやる場合は「中国人」と書かないといろいろマズイです。つまり中国様はパイセン扱いですね。

技術論で国家合意もクソもあるか。